MENU

玉名市名誉市民

金栗四三氏の紹介

 金栗四三氏は、「日本マラソンの父」と称されたマラソン選手であり、1912年のストックホルムオリンピックに日本人初のオリンピック選手として出場した偉人です。
23歳で生家のある春富村(現和水町)から玉名郡小田村(現玉名市)の池部家の養子となります。
箱根駅伝の創設や高地トレーニングの研究、熊本県体育協会の設立など、日本のスポーツ振興・発展に注力しました。
生涯走った距離は25万キロと言われています。

金栗四三ニュース

2019.4.3
4×3LEMONADEって新名物が登場したらしいにゃ。き、気ににゃる・・・♪
2019.2.28
金栗四三コンテンツを追加しました

金栗四三ムービー

金栗四三の功績やエピソードを動画で説明するにゃん。
これを見たら、金栗四三のことがとってもわかるにゃん。

金栗四三バーチャル体験

 玉名市内になる金栗四三と関係の深い場所や施設を
バーチャル体験することができるにゃん。
上下左右360°の世界を見ながら解説も聞けるにゃん。